(歴史と整備背景)

草津川跡地公園とは

コンセプト

公園からパークシティへ

かつて天井川であった旧草津川は、草津川跡地公園として生まれ変わり、第1期指定管理期間を経て、市民の憩いの場として、また市民活動の場として、草津市を代表する公園となりました。
この草津川跡地公園は、今後、公園内での活動を受けとめるだけでなく、周辺のマチへとその活動を広げる拠点へと成長する必要があります。「Park in the City」から「City in the Park」へと、公園が草津市の成長戦略の中心となる「パークシティ」としての公園運営を実践します。

草津川跡地公園 受賞歴

  • 第33回都市公園等コンクール  国土交通大臣賞

  • ​土木学会デザイン賞 優秀賞

​運 営 者

私たちは、それぞれの分野において高い専門性を有しているだけではなく、草津川跡地公園の設計・施工時から深く関わりをもっていました。その強い想いを持って運営に携わります。

京阪園芸株式会社
総合造園・園芸会社として60年を超える経験と実績によるノウハウで、花と緑に関する多種多様な事業を展開しています。

logo.png

株式会社E-DESIGN

まちづくり・イベント企画運営・指定管理者など、ランドスケープの枠に捉われない広い職域を有し、草津川跡地公園においては、基本設計及び実施設計を公募型プロポーザル(共同)で受託しました。

logo.gif

株式会社studio-L

様々な地域で市民の当事者意識の醸成や市民参加の仕組みづくりに関わり、「コミュニティデザイン」の手法で、地域の課題解決を支援しています。